読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるい

今日はぬるい温泉に来ている。ぬるい。たぶん37度くらいしかない。露天風呂である。雪が降っている。ぬるい露天風呂に浸かるとぬるくてぬるいぬるま湯に浸かってる気分なる。ぬるま湯に浸かっている事実も得られる。ぬるい露天風呂の隣に熱い露天風呂がある…

食べログのレビューで料理の感想を書かない奴

今日も丸香へ行った。夕方の五時半というのに店の外まで行列ができている。店内で待っている客と合わせて行列は八人は数える。こんな中途半端な時間にうどんを食べて、この人たちはこれが夕飯なのだろうか、それとも間食なのか、私も人のことは言えない。夕…

小島信夫「寓話」を読んだ。また、その周辺の読書について

fktackさんがブログのなかで何回か紹介されていて、保坂和志も著作に書いたり保坂和志が個人出版しているとfktackさんのブログでも紹介されている、小島信夫の「寓話」を読んだ。分厚い本で、長い小説なんだけれど、私は大変面白く読むことができた。どうや…

ポップコーン

最近電子レンジで作るポップコーンにハマってしまって、つい買ってきてしまう。家で作るポップコーンといえば『スクリーム』だったか『13日の金曜日』だったか『エルム街の悪魔』だったかどれか忘れたけど何とかいう映画の主人公かガールフレンドの家のキッ…

食べログのレビューで料理の感想より店に入るまでが長い奴

千代田線の1号車に乗って新御茶ノ水駅で降りると、大手町駅寄りの改札に一番近い。ホームを端まで歩いて、さらに20メートル歩いてエスカレーターを上がり改札を抜け、さらに通路を南に100メートルほど歩いていくと一番奥の右側にある階段を昇り、小川町の交…

鼻セレブは旨くない

「キムワイプおいしい」はネタなの?マジなの?味覚センサーで検証したよ! | 味博士の研究所 最近ネットで見かけたこちらの「キムワイプ」は本当に美味しいのか、という記事を読んでいたら結論は「キムワイプより鼻セレブの方が美味しい」となって私は納得…

モロイを読みながら③

「モロイ」は読み終わったのだけれど、一度通読しただけで終わりにしてしまうのも心惜しい気もして、かといってすぐに頭から読み始めるというのもなかなか気乗りもせず、しかし借りている本は図書館で借りたものだから返さなければいけないので、やっぱり「…

モロイを読みながら②

fktackさんが昨日の記事の中で「モロイ」について触れられている。話が出てくるのは記事のは後半部分で、前半は「読字」について書かれているのだが、私はその部分を読みながら確かに「モロイ」は、特に第一章のモロイによる語りの部分は読むのが苦痛で、な…

モロイを読みながら

いま、主に通勤途中に、サミュエル・ベケットの「モロイ」という小説を読んでいる。全然読めていない。読み始めたときはまったく頭に入ってこなかった、ただただ文字を読み上げるだけの状態になった、頭が痛くなって混乱してきた、仕方が無いので普段は先に…

スマートフォンからPC用サイトが見られないwebサイトはクソ

言いたいことはタイトルに全部書いてある。この話題何周目だよってくらい俺の中では今更なんだけど、世の中の事態は良くなるどころか悪くなる一方らしい。スマートフォン用サイト(以下スマホ用サイト)がますます幅を利かせている。本当にやめてほしい。 スマ…

半時間

翻訳された小説を読んでいるとしばしば『半時間』という言葉を見つける、これはおそらくhalf an hourを訳したものなのだと思う、それ自体は日本語としては特におかしいところはないが、日常会話の中では半時間という言葉はあまり聞かない、やはり30分と言う…

雪、カラーボール

明日はまた雪が降るらしい。それがどうも明日の夜から翌朝にかけて降るという。明後日は休みだから、朝積もっていれば雪合戦でもしたいという話になった。するといまの学校(小学校か中学校かは知らない)では雪合戦が禁止されているらしい。怪我をするからだ…

赤子の門

育児ブログに限らず子供の話を聞いたり見たり読んだりしたときに、子供ってかわいいなあと思う時があるけど、その時頭に思い浮かべる子供とは別にその話の中に登場する子供本人ではなくて、自分の子供あるいは頭の中にある想像上の子供(自分の子供が将来成長…

ブログの型

「ブログの型」についてまだ考えている。まだというのは少し前に誰かのブログで「毎日更新するなら型を使うといいよ」というアドバイスを見かけ、それからずっと考えていた訳ではないが、まだ覚えていたのかよという意味のまだである。 私は型に嵌ったブログ…

「ゼロ・グラビティ」原題:Gravity 感想

『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです』ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2014/04/23メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (64件) を見る 観ました。ブルーレ…

「レシート要りません」とはまだ言ってない

コンビニでお会計するとレシートくれるじゃないですか。ちょっとでも気を抜いてるとすかさずくれるじゃないですか。本当は貰いたくないんですけど、ゴミになるから。だから貰ってしまったらすぐにでも捨てたい。レジの上にレシート用のゴミ箱があればすぐに…

映画『インターステラー』感想

インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント発売日: 2015/04/08メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (34件) を見る 観ました。とにかく映像…

スターウォーズ エピソードVII フォースの覚醒を観た

帰省して地元の友人達と飲む予定があり、それまで時間が余ったので「スターウォーズ エピソードVII フォースの覚醒」を観てきた。既に一度観ているので展開を頭に入れた上での視聴だったが前回はスターウォーズ自体を久しぶりに観たのでエピソード1〜6のスト…

スターウォーズ エピソードVIIを観てきた

スターウォーズの最新作が今年公開されるという話はもちろん知っていたけど、全然興味がわかなくて特に観に行くつもりもなかったのに上の記事を読んでなんかとても懐かしい気分になって急に観に行きたくなった。そういや俺スターウォーズ好きだったんだ、っ…

よんきびう隊とびんようき隊

毎朝見ているEテレの0655で"よんきびう隊とびんようき隊、どちらに金曜日を告げてほしいか投票"が行われていた。行われていたというのは、いまこれを書く前にそういえば投票していなかったなと思い出してNHKのホームページを見てみたらすでに締め切られてい…

「リアル鬼ごっこ」という女だらけのパンチラだらけの抜けないAV

そんなに書くこと無いです。書かないと奥歯の裏にこびりついた感じがして気持ち悪いので書くだけで感想は特にないです。ネタバレします。この映画は見る必要無いと思います。本当は「イニシエーション・ラブ」が見たかったんですがツタヤには置いてないし、P…

体外離脱への誘い

何日か前にF氏の文章を読んだらそこには夢について書かれていた。F氏は「夢を見ている夢」を見るらしく、しかし彼は何度もその夢を見たことがあるのでそれがすぐに夢だとわかるという。「あっ、これは夢を見ている夢だな」と夢の中でわかったということだろ…

電話に関するあれこれ

読みました。 電話苦手だなーって思う時と、メール打つなら電話しちゃった方が楽だなーって時と、面倒くせえなあって時とあるけど、職場で周り見渡してみても俺は結構電話使う方だと思う。ちなみにテレアポみたいな仕事ではなくて普通の事務系。リストに片っ…

ズントコベロンチョ

土曜日に放送された世にも奇妙な物語傑作選でズントコベロンチョを見た。 草刈正雄扮するパルプフィクションのときのジョントラボルタ風のサラリーマンが「俺に知らないことはない」と豪語するも、ズントコベロンチョという単語の意味がわからず、かといって…

耳だけが熱くなる

子供の頃からずっと気になっていたことだが、なにもしていないのに急に耳だけが熱くなる。火照ったようになりとても熱い。でも耳だけで顔は熱くならないし、片耳だけの時もあってそういうときは鏡で見ても左耳は普通なのに右だけやけに赤くなっているのがわ…

お土産

結婚式は京都で行われて、これに託けて前日から家族を連れて乗り込みちょっとした観光をした。かこつけてを託けてと書くのは正直いままで知らなかった。iPhoneの予測変換はなんでも教えてくれる。ただ気に入らないのは「上野」という字を入力したいときに例…

他人の結婚披露宴が死ぬほど嫌いだが先日友人の披露宴に出席したらテンプレな披露宴にも関わらずとても良かったので披露宴そのものよりも誰の披露宴か、新郎新婦と自分との関係性によって良し悪しが分かれることを改めて認識するとともに、出席したいと思える独身友人がいなくなった現状、今後20年間はおそらく披露宴に出席することは無いだろうという話

子供の頃結婚式と披露宴に対して持っていたイメージは最低で、あんな辱めを進んで受けるマゾカップルの気持ちが全く理解できなかったし、あんなことをするくらいなら結婚などしないほうがマシだと考えていた。とはいえそれはテレビや雑誌などから得る情報に…

「感謝のフレーズ」は記事の最初に入れよう

本日は数あるブログの中から当ブログをお選び戴きまして誠にありがとうございます。どうぞ最後までお付き合いください。 エントリーの最後に「感謝のフレーズ」が入ると一気に冷める件 - Hagex-day info 「この記事が気に入りましたらシェアしていただけると…

変わり者になりたかった

「変わってる人になりたい」 小学校の卒業文集の『わたしの目標』というページに書いた。押し入れの衣装ケースの裏に隠した段ボールに仕舞い込んだ消したい過去。「私って変わってるから」が口癖の、なんの取り柄も特徴も無いどこにでもいる小学生だった。本…

尽未来際〜尽未来祭〜

音楽に関しては本当に全くといっていいほどわからなくって、音楽番組なんかも見ないからどんな曲が流行っているかも全然知らない。ってこれ中学のときからずっと言ってる気がする。毎週見ていた音楽番組なんて夜もヒッパレぐらいだった。曲はCMで耳にする機…

コンビニの品揃えが豊富だと

コンビニの品揃えが豊富だと気分が上がる。豊富だからってほとんどの商品は買わないけどあの空間が楽しい。新商品とか限定商品とか珍しい商品を見るのが楽しい。たまに買うこともある。高いけど。今日たまたま入ったアメリカ大使館の近くのファミリーマート…

昨日書かれたコメントに対しての返信

昨日の短歌にブコメじゃない方のコメントを貰ったが、それがどうにも胡散臭い。感想と見せかけてのブログの宣伝だった。定型文のような自己紹介に始まり、1行ばかりの読まなくても書けるような取って付けた陳腐な感想、こんなものは感想とは認められない、さ…

安売りスーパー

近所の安売りスーパーで週に1回買い物をしている。そこは安売りスーパーだけあって商品は近所のどの店よりも安くて助かっているが、接客はまあ可もなく不可もなくといったところだ。とはいえこちらも上質な接客を端から期待などしていないし、心のこもったお…

電車内の小学生の会話

「佐藤ヒカリって言ってたじゃん」 「誰が」 「言ってないよ」 「授業中にさ佐藤ヒカリがって言ってなに?って言ったらヒヒィって」 「ヒヒィ」 「やめろよ」 「飯野君がさ、授業中にさ、ゴマタゴマタって言って」 「言ってないよ」 「言ったよ」 「言ったよ…

星もハートも相手にとっては変わらない

Twitterの仕様変更でタイムラインが盛り上がってる。TwitterとVineの上にハートが登場です。これまでの星☆アイコンから、いろいろな感情を表すことができるハート♡アイコンに変更しました。 pic.twitter.com/i7gZ5lyHGX— TwitterJP (@TwitterJP) 2015, 11月 …

愛のホテルミスターむきだしロンリー有頂天

「ミスター・ロンリー」「愛のむきだし」「有頂天ホテル」の3本の映画を見た。「ミスター・ロンリー」は吉田類みたいな名前の栗原類みたいな顔をしたマイケルジャクソンのそっくりさんが中年マリリンモンロー(そっくりさん)にパリで出会って、彼女が住むスコ…

自然に湧き上がる感情を押し殺して普通に接すること

昨日書いた記事に「タイトルをわかりやすく要約した結果、内容がタイトルを超えられない」という主旨のコメントを戴いて、じゃあタイトルをもっと短くして単語一つにすれば流石にタイトルで完結してしまうことはないだろうと、思ったが既にやっていた。しか…

ブログのことばかり書いてるブログ

ブログを書くのも読むのも好きで、特に最近は人のブログばっかり読んでる。ブログを沢山読んでると、あれ? この記事前も読んだなとか、この記事随分前に読んだ気がするけどまだ3日前か、と時間の感覚がおかしくなってくる。これはマズイ。ブログから一旦離…

国立国会図書館の納本制度と謎の書籍「亞書」

国立国会図書館法第十一章 その他の者による出版物の納入第二十五条 前二条に規定する者以外の者は、第二十四条第一項に規定する出版物を発行したときは、前二条の規定に該当する場合を除いて、文化財の蓄積及びその利用に資するため、発行の日から三十日以…

猫探し/ハロウィン

「黒白猫を探しています」という貼り紙が電信柱や家の塀など近所の至るところに貼られていて、もう二週間くらいになるのかな? A4のコピー用紙に綺麗に切り抜かれた猫の写真が印刷されて飼主の連絡先が書いてあり、雨に濡れないようにビニール袋でカバーをか…

「大手のマンションを買っておけば安心」の嘘と本当

旭化成建材がデータ改ざん 横浜の傾いたマンション :日本経済新聞 横浜のマンション傾斜で壁にも住民同士にも亀裂走る - 社会 : 日刊スポーツ 横浜市のマンションで傾きが見つかり、基礎と地盤を固定する杭工事にデータ改竄があったことが問題となっている…

巨匠

先日とある性格診断をやってみたら「あなたのタイプは巨匠です」という結果になって、他にどんなタイプがあるのか確認したところ建築家とか論理学者とか管理者といったまともそうな名前が付けられていたので巨匠だけ浮いてるような気がした。「私は討論者で…

過去記事の書き直しをした感想

何日か前に過去記事の書き直しをして再投稿したけど、あれはつまらなかったなあ。記事の内容がつまらないというんじゃなくて、書き直しという作業がつまらない。記事は一応自分では面白いと思ってるものを選んだつもりなんだけど、当時ウケなかったんだから…

映画「イエスマン」は安心して見られるラブストーリー

さっきBSで「イエスマン」という映画をやっていたので見ました。面白かったです。寝て起きたら内容を忘れてしまいそうなので、寝る前に感想を書きます。 この映画特に予備知識なく見始めたんですが、難しいこととか一切考えずに単純に楽しめる単純に面白い映…

「インセプション」

インセプション [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2011/07/20メディア: Blu-ray購入: 7人 クリック: 40回この商品を含むブログ (64件) を見る 映画「インセプション」を見直していて、ひとつ気になるシーンがあった。第4階層でア…

このブログについて

まえがき 私のこと このブログの運営方針 はてなスターとコメント欄について これからもよろしくね! この記事を気に入っていただけたらはてなブックマーク、Twitterなどでシェアをお願いします!あなたのシェアが励みになります! このブログ「文章または写…

クリーニングの割引券

昨日クリーニングを取りにいって、受け取り期限内だったから割引券をもらった。そういうルールだ。それで別の着用済みのシャツを持っていってたから、そのシャツを出すときにその割引券をそのまま使おうとしたら使えないと断られた。 「割引券は次回からしか…

番町のイタリアン

仕事で用事があって番町にやってきた。皇居の西側、半蔵門から四谷駅のある外堀にかけて広がるこのエリアの町名は、千代田区一番町から六番町と少し変わっていて、何丁目というのがない。江戸の頃は武家屋敷が並んでいた面影を残しているのか、ひとつひとつ…

内田百閒「第一阿房列車」

先週、内田百閒の「阿房列車」を買っていま読んでいるがこれが大変に面白い。しかし他にも同時並行的に読んでいる本がいくつかあって、そのひとつは図書館で借りた本だから期限があるので読まないといけないと思うとかえって読む気がなくなるものだが、そち…

失敗がないとつまらないのか

最近仕事が面白くないのは失敗がないからだと思った。小さな失敗はあるが大きな失敗がない。若い頃はとにかく失敗しろとかよく聞くけれど、そもそも失敗するような仕事がない。あるとすればやるべきことをやってなかったとか、そういう程度の失敗で、何かに…