読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月面でスローカーブを投げるように

子供はまだ3ヶ月だけどなかなか寝てくれない夜っていうのがやっぱりあって、書きものをしていたり本を読んだりしていても度々中断される。今日もなんか書いてたはずだけど手に付かないので諦めた。
そんな時は、早く寝てくれよと思わないでもないというか積極的に思うんだけど、それは仕方なのないことなので大変だと思わないようにしようとかそんな事を考えるなんて親失格だとか言っても始まらないので特に否定をするつもりはないんだけど、そうはいってもかわいいかわいいと言っているだけでは子供は育たないし、そんな大変な夜もひっくるめて子供を見ることができるのが親の特権だなとも思う。抱きかかえて寝かしつけていると、さっきまで活発に動いていたのにあるところで急におとなしくなり、ゆっくりゆっくりと瞼を下ろしていく様子が見られてとてもかわいい。よく糸が切れたようにというが、そういう一瞬の出来事ではなくて、どちらかというと船が沈んでいくときとか、月でスローカーブを投げたときのようにゆっくりとでも確実に落ちていくような変化がそこには見られる。

それと今日は風呂の中で初めて笑った。少しずつ成長しているのだろう。