読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパードライ 「ドライプレミアム 贅沢香り仕込み」を飲んでみたらやっぱりスーパードライだった

ビール

スーパードライ嫌いの個人の感想です。


スーパードライのプレミアム商品、その名も「スーパードライ ドライプレミアム」
そのプレミアムシリーズから「贅沢香り仕込み」という新商品が発売されました。

www.asahibeer.co.jp

アサヒビールHPによると5月26日発売だそうです。
さっそく買ってきました。


f:id:shoheiH:20150531224004j:plain

厳選希少ホップ「アマリロ」3倍※
爽やかで華やかに香る
ドライプレミアム

※「アサヒスーパードライ ドライプレミアム」にて一部使用。その比較において。


"爽やかで華やかに香る"

うん、確かに香りはあります。しかしそれはあくまでスーパードライに比べればの話。
グラスに注いで一口飲んだ時、明らかにスーパードライにはない香りを感じました。
しかし後味はもう完全にスーパードライ。あの酸味と金属臭さが口の中を支配してしまったのです。

味の方は残念なことに、二口目からはもうただのスーパードライになってしまいました。
予想通りといえば予想通りですが。

スーパードライ好きだけどスーパードライにちょっと飽きてしまった人にはおすすめかもしれません。


ここから余談。
この「贅沢香り仕込み」に限らず、アサヒが作るビールはなんでいつもスーパードライになってしまうんだろう。この前限定発売していたドライペールエールも、一口目こそホップの香りがしたけど結局スーパードライ味だった。一旦スーパードライから離れればもっと美味しいビールが作れそうなのに。

f:id:shoheiH:20150601204924j:plain
写真:ドライペールエール


個人的にはスーパードライブランドのプレミアム志向商品を作ることに疑問がある。誰をターゲットにしているんだろうっていう。

スーパードライって味や香りのビールじゃなくて、キレとか喉越しがウリのビールだと思う。
というかキレと喉越しを日本のビール界に定着させた張本人。キレの伝道師スーパードライ
スーパードライが無ければこの世に「ビールは喉越し」という言葉は生まれなかったぐらい偉大なビール。それがアサヒスーパードライ
そんなビールだと思います。

だから、ビールに旨味やコクやホップの香りを求める人は最初からスーパードライは買わないと思うし、
スーパードライが香り豊かなプレミアムビールを作りました」
って言われても半信半疑ですよ。
飲んでみたらやっぱりスーパードライスーパードライだったってなっちゃう。
いくらプレミアム感を出してもエビスには及ばないし、そもそも見向きもされないかもしれない。

じゃあスーパードライファンに売ったらどうだっていうんですけど、スーパードライファンは喉越しでビールを飲む人達じゃないですか。
暑い日にキンキンに冷えたビールを流し込んだら酸味と炭酸が最高で疲れも吹っ飛んでこのために生きてるっていうとりあえずビールな人々に向かって、
「コクと香りのプレミアムです」
って言ったって、
「いやこのクソ暑いのにそんなの重くて飲めないよ」
ってなりますよ。
ゲレンデが溶けるほど恋したい真冬のペンションで暖房をガンガンにかけた部屋で飲む冷たいビールが美味しいんですよ。ストックが刺さるほどの喉越しが欲しい。


なので、プレミアムなスーパードライっていうのはどっちつかずの中途半端な商品かなと思いました。プレミアムなキレと喉越しを実現しましたっていうスーパードライがあればそれはもうプレミアムなキレと喉越しなんでしょうけど。

やっぱりスーパードライにはスーパードライらしくスーパードライなビールを作って欲しい。

ってスーパードライファンが思うかは、わかりませんが。


まあなんやかんや言ってますが、所詮個人の感想です。あてにならない個人の感想なので、スーパードライ好きの方は気にせず買って飲むと思いますが、そうでない人もとりあえず買って飲んでください。

所詮あてにならないあまりスーパードライが好きではない個人の感想です。
居酒屋に入ったらビールの銘柄を確認してアサヒだったらビールはやめてハイボールを頼む程度の、もし幹事になったらサッポロビールを入れてるお店を積極的に選ぶ程度の取るに足らない個人の感想です。
ここでいくら私がスーパードライが嫌いだと言ったところでスーパードライは日本で一番売れてるビールですから、ワンピースはつまらないって言うくらいしょうもないことです。だけど、「面白い漫画が売れるんじゃない売れてる漫画が面白いんだ」ばりの論理展開で「売れてるビールが美味しいんだ」っていう言葉の暴力に対しては無抵抗にならざるを得なくても、心の中には「本当に美味しいと思うビールを飲みたい」という火を絶やさずに非服従を誓いたい。


とは言いつつ私もこれからもスーパードライの新商品が出たらとりあえず買ってしまうと思います。
スーパードライファンもそうでない人も限定販売されてるうちに買ってみたらいいと思います。買ってみましょう。買ってください。買わないと買えません。


やっぱり暑い日に外回りから帰ってきて汗もだくだくで倒れそうなときに飲む一口目のスーパードライはうまいもんな。
でも二口目にはやっぱりスーパードライスーパードライだなってなっちゃうんだよな。

以上です。


※個人の感想です。

広告を非表示にする