読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facebookで結婚報告とか本当に無理

文章

Facebook(フェイスブック)で結婚報告とか出産報告とかする人いるじゃないですか。2人で婚姻届持って役所の薄暗いカウンターの前で写真撮って入籍しましたーとかいうやつ。
あれ本当無理。マジ無理。自分だったら絶対やらない。

いやもちろんめでたいし、良かったねって思うし「いいね!」ボタンも押すよ。なんならおめでとうの一言くらいコメントもする。幸せアピールが鼻につくとかそういうことじゃない。
けど、「うわあ自分だったら絶対やらないしできないことやってるわー」って背中がゾクゾクする気分になる。あ、そういうことするタイプの人だったんですね、今後はあまり関わらない方がお互いのためかも知れないですね。

というのもやっぱり自分の幸せは他人の石ころっていう意識がずっとあるんですよ。道端に落ちていてあってもなくても変わらない、たまに目に付く石ころがあれば家までドリブルしながら帰れるか試してみるけど勢い余ってどこかにいってしまえばそれまで。
というか幸せに限らないですね、自分にとっての幸せも不幸も他人にとっては取るに足らない事。夕飯のおかずにさえならない。誰かが結婚しようがしまいがそんなことより駅前のすき家が潰れて吉野家になったことのほうがよっぽど生活に関係ある。
自覚していてもしてなくても誰しもそういうものだと思っている。自分の幸せの価値を一番認めてくれる人は自分である。

だからそれをフェイスブックみたいなところで発表するのはどうも抵抗がある。
だって見るのは大半がこいつの結婚なんてどうでもいいって思ってる人達じゃないですか。
どうでもいい目線で見る人達には「今日はビアガーデンに行きましたー」とかどうでもいい事を報告するのにはまさにピッタリだけど、自分にとってどうでもよくない結婚や子供の誕生をどうしてわざわざどうでもいい目線の人達に報告しなきゃいけないのか。それも万国どうでもいい事博覧会が年中無休で開催されてるフェイスブックで。なにそれお前にとってどうでもいいことなの?小学生にドリブルされてもいいの?

繰り返しになるけど幸せアピールが鼻につく訳ではない。それにたぶんフェイスブックで報告してる人は特にアピールしようとかそういうつもりじゃないと思う。
中には良くも悪くも自分の幸せが一番で、俺の幸せはお前の幸せだとばかりに幸せを運ぶジャイアンみたいな人もいるかも知れないけど、たぶん多くの人は特に意識もせず、ごく当たり前に、日常を報告するツールとして目の前にあったから使っている。
特に直接会ったり電話やメールしたりするほどの仲ではないけどフェイスブックではなんとなくつながってる人が100人も200人もいるような人だったら、わざわざ連絡するのも面倒だしアドレス変更しましたメールみたいに全員に送ってたらそれこそ幸せアピールうぜぇってなりそうなんで、学校の掲示板みたいに「貼っといたんで興味あったら見といてください」みたいな使い方をするのには便利だと思う。
ただフェイスブックに上げたら上げたでまたコメント書かれてそのコメントにいちいち返信したりとか、あのコメント一人ひとりにいちいち全て返信する習慣なんなんですかね、たぶんmixiあたりから既にそうだったと思うんですけど、あれ本当嫌いだけどそれはまたいつかの話として、とにかくコメントとか面倒くさそう。だから私はやりません。


ちなみに私のときは結婚の報告なんて次飲み行ったときに言えばいいやくらいに思ってたし実際にそうしたので、直接会ったか何かの用事で電話した人くらいにしかまだしてません。直接会うことのない人に報告することのメリットも特に思い浮かびませんでした。
なのでこの場を借りて報告します。随分前に結婚しました。

広告を非表示にする