Suicaはこちらに入ってますよ

コンビニでビールと柿の種わさび味を買ってSuicaで支払いをしようとした。Suicaが上手く反応しなくてしばらく読み取り機にタッチしていたら店員が、

Suicaはこちらに入ってますよ」

と言ったのだがそれが言い終わるか終わらぬかのうちにピピッ!!となって決済されてしまいお互い気まずい思いをした。

なぜ店員がそんなことを言ったのかというと、私はSuicaを2枚持ち歩いていて1枚はSuica機能付きのクレジットカードでもう1枚は記名式Suicaを定期券として使っている。知っての通りSuicaを2枚重ねていると反応しないので、二つ折り財布を本だとすれば左のページにクレジットカード、右のページに定期券といったようにSuicaを財布に入れて持ち歩いている。

先程の支払いの場面で私はSuica付きクレジットカードのチャージ即ち左のページで払おうとした。しかし厚手の布地の財布に入っていたため反応が悪かった。駅の自動改札では財布に入れたままでも反応が悪いということはないのだが、コンビニのSuica読み取り機は自動改札のそれよりも感度が鈍いのだろうか。
そうやって反応が悪いため何回かトライしていると、店員は右のページに入った記名式Suicaを見つけた。そこで、あっこいつページ間違えてやがると思ったかは知らないがとにかく「Suicaはこちらに入ってますよ」と記名式Suicaを指し示そうとした。これは善意からの行いで間違ったことは何もしていない。
しかし私も間違ったことはしていなかったので「Suicaはこちらに入ってますよ」の「Suicaはこ」くらいのタイミングでピピッ!!となってしまい、当初の目的であるビールと柿の種の代金の支払いは達成できたにも関わらず、

「……(そっちかよ)」

「……(こっちだったんですよ)」

という無言のやりとりをして気まずい感じになってしまった。

今後こういったことのないように、クレジットカードとSuicaと定期券を1枚に集約したい。ちなみに現在はJALカードSuicaを使用しているが定期券が載せられないので不便だ。


ところで私は牡蠣が好きで、牡蠣を食べたら記録するためのサブブログを作った。牡蠣を食べたら更新するので不定期で更新予定です。毎週更新できたら嬉しい。
牡蠣食えば oyster.hatenablog.jp