花のある生活のススメ(初心者向け)

我が家はよく花を買います。妻も私も花が好きで、家にいくつもある花瓶には大抵何かしらの花が活けられています。
かといって2人とも華道やフラワーアレンジメントといったものに造詣が深い訳ではありません。単純に気に入った花を飾りたいように飾っているというだけです。

f:id:shoheiH:20150728021150j:plain


花があるというのはいいもので、心にゆとりが生まれます。
花を買う習慣がないとか抵抗があるという人もいると思います。私も以前はそうでした。しかし、花は決して難しいものではなく、とても身近な娯楽だと思います。
値段もだいたい一輪が300円〜600円、高くて1000円くらいと手頃で、しかも数日から数週間持つと考えるとかなりコストパフォーマンスがいいですよね。

生花を買ったことがない人にも、是非生活に花を取り入れてみてほしいと思います。

花を活けるといいこと

花を飾ると文字通り空間が華やかになります。また観葉植物と同じで目の癒しにもなります。
花はいずれ枯れてしまいますが、そのことが却って日々の暮らしの中に変化を与え、生活を彩ります。
また、季節によって売っている花も変わるので、何気なく花屋から花を買っているだけでも季節の変化を感じることができます。

花はまた便利な存在です。
例えば来客があるとき、綺麗に活けられた花があれば、この家は花を活けられるほど隅々まで手入れの行き届いた家なんだという印象を演出できます。

実際花など生活には無くてもいいものなので、無くてもいい花をわざわざ置くという時点でもう既に生活にゆとりができており、心に余裕が生まれています。とてもミニマリストには真似できません。

花を買う時に注意すること

プレゼントとして花を買うなら別ですが自宅で楽しむために花を買う場合は、なるべく長く楽しみたいものです。
花屋に行くと綺麗に咲いた花がならんでいて、つい手が伸びそうになりますが、まだ満開でない、できれば蕾の状態の花を買うようにすると家に持ち帰っても長く楽しめます。
どれが長持ちするかわからないときは、「長持ちするものをください。」と店員に頼みましょう。まだ蕾の多いものを選んでくれるはずです。

あとは好みですが、同じ種類の花の色違いを買ったり、同じ系統の色の花を揃えたり、グリーン系の葉物を取り入れたり、などと色々な楽しみ方があります。
茎の長さはあとでカットして調節できるので、そこまで気にすることはないでしょう。

活け方

活け方に特にルールはありませんが、花を長持ちさせるために注意したいことがあります。

まず水切りといって、ボウルに溜めた水の中に入れて茎を鋏で切ります。水中で茎を切ることで茎の中に空気が入らず、活けたあとも茎が水を吸いやすくなり長持ちします。

あとは、直射日光やエアコンの風が直接あたるような場所などに置かないようにするといいでしょう。


花瓶はなんでもいいです。透明なガラスの花瓶は涼しげで夏にぴったり。白磁などの花瓶はゴージャスな雰囲気を演出できます。
少ない本数を活けるときは、背の高くて口の狭い花瓶を選ぶと綺麗に活けられます。
初めてだったら一輪挿しもいいでしょう。

究極的には水が入って花を挿しても倒れなければ、鍋でも茶碗でもなんでもいいです。ペットボトルなどは例えば結婚式の披露宴で大量に生花を貰って花瓶が無くて困るときなどには活躍します。


あと生花のいいところといえば、サボテンや観葉植物みたいに枯らしてしまうという心配をしなくていいことです。世話をしてもしなくても数日のうちに枯れてしまうので、自分のせいで枯れてしまったのでは、などと気負わなくてよくなります。
もちろん枯れてしまえば残念ですが、精一杯咲いた花に感謝して次の花を楽しみましょう。
もしそこから、本格的に花を育てたいとか庭を作りたいと思えばガーデニングを趣味にするのもありです。

そういう意味でも、普段植物に触れあっていない人に生花はオススメできます。


この夏は是非生活に花を取り入れてはいかがですか。

オススメの花

バラ 定番、とにかく色が豊富。

〔エルフルール〕 バラの花束 20本 カラー:レッド

〔エルフルール〕 バラの花束 20本 カラー:レッド

カーネーション 母の日の定番、色が豊富。

ラナンキュラス 花が大きくて綺麗、長持ちする。

ヒマワリ 夏の定番、季節を感じる。

スイートピー 花がたくさんついて綺麗。色も豊富。