読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過去記事の書き直しをした感想

文章

 何日か前に過去記事の書き直しをして再投稿したけど、あれはつまらなかったなあ。記事の内容がつまらないというんじゃなくて、書き直しという作業がつまらない。記事は一応自分では面白いと思ってるものを選んだつもりなんだけど、当時ウケなかったんだから書き直したってウケるはずないんだよな。でも書き直した。
 書き直しってのはつまり書く内容が最初から最後まで決まっているということで、それってもうただの作業だよなあ。この前読んだ「文章力の教室」に「書き始める前に内容を決めて構成を考えましょう」と書いてあったけど、それって面白くないというか、あらかじめ書く内容が決まっていて、結論もわかっていて、それって改めて書く必要あるだろうか。なんか書くこと自体がひどくつまらないもののように思えてくる。
 もちろんニュース記事とか報告書とか論文なんかは、構成から入って書いていった方が書きやすいし、それがいいんだろうけど、個人のブログでそれをやってもつまらない。頭の中で記事が完成していたら、もう書く必要ない。そう思います。だからブログなんて書くことないけど書くくらいでいいんだよなあ。あと長すぎるのもよくない。

広告を非表示にする