星もハートも相手にとっては変わらない

 Twitterの仕様変更でタイムラインが盛り上がってる。

 殺伐としたTwitterをいいねに溢れたハートフルな世界に作り変えたいという暖かさを感じるけど、"星よりもハートの方がいろいろな感情を表すことができる"というのはどう考えても眉唾。でもそれは置いといて、興味深いのは仕様変更に異を唱えるユーザー達

  • お気に入りはブックマークとしても使っていた
  • 悲しいつぶやきに励ましの意味で使っていた
  • 慰めのつもりで使っていた
  • バカにするなどネガティブな意味でも使っていた

 ユーザーが自分なりに色んな使い方をするのは、まあ気持ちはわかるけど、それ相手に伝わってる? 伝わってないんじゃない? バカにする意味ってなんだよ「お気に入り」だろ。

 ツィートしたユーザー側には「○○さんがお気に入りに登録しました」としか表示されないわけで。伝わらないという点では星もハートも一緒です。

 相手に伝わらなくていいんだ! というなら尚更どちらでもいいんじゃないの?

 まあハートは異性に使いづらいという人もいるみたいだから、星も復活させて並存したらいいんじゃないですかね。ついでに俺は♢とか♤を付けたい気分のときがあるのでそれらも追加しておいてください。



今週のお題「愛用しているもの」