アサヒビール 「クラフトマンシップ ドライメルツェン」はスーパードライが抜け切れない

 アサヒビールクラフトマンシップシリーズから、ドライメルツェンを飲んでみた。最近ビールメーカー大手各社が限定醸造を謳ってクラフトビールを売り出しているが、このクラフトマンシップシリーズは様々なクラフトビールを片っ端からドライにしてしまおうという、残念なシリーズ。「ビールはキレと喉越し!」を信条に掲げる日本人が泣いて悦ぶ。


f:id:shoheiH:20151111203351j:plain

限定醸造
ジャーマンスタイル※

※メルツェンとはミュンヘンの伝統的な祭典であるオクトーバーフェストで飲まれるジャーマンスタイルのビールです。

 メルツェンはジャーマンスタイルなんだろうけど、ドライメルツェンだからなコレ。ジャパニーズスタイルだよ。

 ちなみにサントリーのクラフトセレクトシリーズからもメルツェンが出ていて、販売は終了してしまったが、こちらは美味しかった。メルツェンとはドイツ語で3月という意。


f:id:shoheiH:20151111203858j:plain

1.醸造学マスターによる処方監修
2.香りと味わいを深めるミュンヘン麦芽を一部使用
3.苦みの決め手となる厳選ホップを一部手で投入
4.ドイツ産ホップを100%使用
5.麦芽100%による、まろやかな甘みのある味わい
6.通常より1.3倍熟成させた長期熟成製法

 クラフトマンシップシリーズの他のビールにも同じこと書いてあったけど、なぜか手で投入をアピールポイントにしている。天空落としみたいなことかな? きっと凄い手技なんだろう、是非この目で一度確かめたい。
 早速缶を開けてギネスビールのグラスに手で投入する。


f:id:shoheiH:20151111204608j:plain


 やや濃いオレンジ色の液体。口をつけずに嗅ぐ限りでは香りはほとんどしない。
 口に含むと、アサヒビールとは思えない豊かな香りと、まろやかな旨味を感じる。しかしなぜだろう香りも味もまろやかさもちゃんとあるのに、すぐにスーパードライの嫌な酸味や金属臭が襲ってくる。なんだこれはスーパードライじゃないか。これがクラフトビールのドライ化だというのか。徐に顔だしたドライが、飲むほどにスーパードライ舌にこびりついて取れない。すっかりいまではドライになってしまった。クラフトビールとか洒落たこと抜かしおって、やっぱりビールはキレと喉越しだな! 日本で一番売れてるビール、アサヒスーパードライ! 日本最高! 日本に生まれてよかった!


アサヒビールの他のビール