読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポップコーン

 最近電子レンジで作るポップコーンにハマってしまって、つい買ってきてしまう。家で作るポップコーンといえば『スクリーム』だったか『13日の金曜日』だったか『エルム街の悪魔』だったかどれか忘れたけど何とかいう映画の主人公かガールフレンドの家のキッチンで作っているアルミホイルでできたフライパンの形をした蓋の部分に貼ってある紙にアメリカ国旗の模様が書いてある火にかけるとポップコーンが弾けてアルミホイルが膨らんでくるあのお菓子を思い浮かべる人も多いと思う。というか私はそれをまず思い出して、それと同時にあのアルミホイルのフライパンを買って欲しくて親にねだったことを思い出す。菓子売り場の棚の、通路に面した角に引っ掛けられたアルミホイルでできたフライパンは明らかに他の菓子とは異彩を放っていて、というか一見菓子には見えないあれはなんだろうかと子供心をくすぐる。大人でも欲しくなる。普段使うことを許されていないガスコンロを使うこととか、火にかけると膨らむその科学実験みたいなところとかが楽しくてしょうがないが、最近私が買っているのは「マジックポップ」とか「マイクロポップ」とかいう商品名のポップコーンで500Wの電子レンジで5分も加熱すれば膨らんで食べられる。あといま住んでる家はIHなのであのフライパン型ポップコーンが作れない。
 小学校の校庭で朝の縄跳びの時間に流れていたポップコーンという名前の曲のことも思い出す。

 アツアツできたての美味しいポップコーンが食べられるからオススメしたいけれどオススメしたくないのはひとつ難点があって量が多い。というかポップコーンに限らず私がブログに書いているのはオススメしたいのではなくて、単に美味しいとか面白いとか言いたいだけでオススメしているわけではない。それを読んで勝手にオススメされた気分になった人は手を出してみるといいと思う。そのぐらいのつもりで書いている。
 「マジックポップ」は1個がmikeの3倍くらいある。mikeとはバター醤油味のポップコーンです。1度にできる量が多いけれどかといって取っておくわけにもいかず結局食べてしまい、良くないなあと思いつつ美味しいのでまた買ってきてしまって毎週食べてる。家でできたてが食べたいのなら、ドン・キホーテとかヴィレッジバンガードでも売ってるプラスチック製のボトルに入ってキロ単位で売ってるポップコーンの弾ける前の豆だか種だか固いコーンを買ってきて、その都度食べる分だけ鍋で作るという手もあるけど、調整できるならいいけど、それこそ作るのが簡単過ぎて1回分作って食べ終わったら食べたくなってすぐ作ってしまって結局mikeよりもマジックポップよりも量を食べてしまうだろうから、やっぱりよくない。

ハニー ポップコーン豆 2kg

ハニー ポップコーン豆 2kg