問題です。育児をする男性は「イクメン」ですが、育児をする女性はな〜んだ?

「イクメン」という呼び方に違和感を感じませんか?育児をする男性は「イクメン」ではなく「〇〇」です | Conobie[コノビー]

 子供がいるとするじゃないですか。すると雑談で必然と子供の話が出現する実感が経験なんですけど、そのとき妙齢から高齢から中堅から若手まであらゆる世代のパーソネルがユースフルな頻出ワードがありまして、
「佐藤君ってイクメンよね〜」
イクメンやってる?」
「佐藤さんってイクメンですね♡」
 はい出ました。出ましたね、そんな上目遣いで潤ませながら「イクメン」なんて口に出されたらイクメンでなくても息子が成長(子育ち)してしまう危険が危なそうですが、そうじゃない人もいてそうじゃない人というのは「同じことをされてもAさんならオーケーだけどBさんならセクハラ」というときのBさんにご登場いただくことになるんですが、さっきのフレーズをBさんに言われてもフツーに不快ですよね。あー嫌だ嫌だ。Bさんが嫌だから仕方ないね、でもAさんに言われても嫌だよ俺は。逆にね、逆にですけど子育て中の男性がいれば子育て中の女性もまあ同じくらいはたぶんいるじゃないですか。子育て中の女性にはなんて言うんですかね。職場の40代のおっさん課長が部下の女性社員鈴木さん(28・仮名)を捕まえて、
「鈴木さんってお子さんいたんだ、じゃあイクウーメンだね! 家事に育児に積極的だね!」
 と言ったらどうなんですか、どうですか。流石に職場の空気も「えっ……」か「あっ……」になって課長も「やべっ……」てなるだけならまだ明日から会社に来れますけど、コンプライアンス遵守の精神が明るい職場の風通しがスムースクリミナル、犯罪は許しませんから何かあったらすぐに人事に相談しなさい株式会社だったら課長はセクハラで訴えられてもれなく懲戒解雇になる未来が予見可能性なものなのに、イクメンが許されているのはおかしい。おかしいだろ。幸いそんな課長は存在しない非実在社員なので問題は露見せずに済みますが、問題はイクメン使い。右手に剣を持ち左手からイクメンを出すような連中ですよ。普段は剣を収納していてパッと見イクメン使いとわからないんですが、彼ら彼女らは至るところに身を潜め次の攻撃の機会を窺っている。

「今日は保育園に子供を迎えに行くので帰ります」
「へぇ迎えに行くんだ、イクメンだね!」

「家で育児してるんですか?」
「まあ、ご飯作ったりとかお風呂入れたりとかですかね」
イクメンですね!」

「休みの日とかなにしてるんですか?」
「先週は子供連れて公園に行きました」
イクメンじゃないですか!」

 素早いですね〜子供の話題が出るや否や即次のターンでイクメン口撃を繰り出すその反応の良さ、正にイクメン使い。攻撃された方は「うけながす」か聞こえないフリをしてやり過ごすしかないですね。概ねこれらが許されていてなぜイクウーメンが許されないのか。
「子供が急に熱出しちゃって、保育園に迎えに行かないといけないので早退します」
「了解了解! イクウーメンは大変だね」
「えっ……課長……」
 課長謹慎中なんだから会社出てきちゃダメじゃないですか。鈴木さんも鈴木さんですよ。なぜイクメンは許されてイクウーメンは許されないのか。いや誰も使ってないし誰か許してほしいのか? そもそもイクウーメンの語感がいけない。イカナイウーメンを連想させる雰囲気を醸し出してる。最低だな。でもそれはイクメンも一緒だろ。誰だよイクメンなんて言い出した奴は。そう思って"イクウーメン"でググってみたら冒頭の記事が出てきました。おわり