チューペット

fktackさんの今日の記事が面白かった。

それで休憩になると大人の集団は段ボールを持ってきて、中には凍らす前の棒アイスが入っていた。棒アイスというのは、凍らせた状態で真ん中で折り、すると折口はビニールがかかっていないからそこに口をつけてすするアイスで、私は正式名称を知らず、昔から棒アイス、と呼んでいたが人によってはポッキンアイスとか、チューベットとか、ちゅーちゅー呼んだりしていた。


fktackさんが棒アイスと呼んでいるそれは他にはポッキンアイスとかチューベットとかちゅーちゅーと呼ばれているそのアイスは私は子供の頃はチューペットと呼んでいた、ソーセージのような直径1.5cmのビニールのジュース入りの筒が真ん中の部分ですぼまっていて凍らせるとアイスキャンデーになるもので、食べるときはパピコのように半解凍の状態で端をパキッと割り、割れた穴から啜って食べた。端を割るのは上手くいかないことがあって、それはヒーロー戦隊ものやセーラームーンの描かれた魚肉ソーセージのフイルムの開けにくさにも似ていた。チューペットは常温ではただの甘いフルーツの香料の味のする液体で、まずくて、そのまま飲みたいとは思わなかった。
 チューペットと呼ばれる菓子、アイスはこの細長い冷凍用のジュース入りのチューブだけでなくて、もっと太いパピコのような形をしながらパピコよりも太いがペットボトルよりは細い、1本でパッケージに入れられて味はコーラやポカリスエットやオレンジジュースのあった、基本的には冷凍して食べるが常温でも食べられていた菓子もチューペットと呼ばれていたが私は買ったことがない。


私は棒アイスは幼い頃は喜んで食べたものだが、少し大きくなると、味や外観に芸がないから、すっかり物足りなくなり、あまり食べなくなった。

 fktackさんの書かれていることは事実だが、子供の私はチューペットを見てもこんなことは考えもせず、しかし大人になったいまの私はここに書かれていることはまったくその通りでいま思い返してみれば至極真っ当なのだが、当時の私はこんなこと考えたこともなかったはずである。幼い頃の記憶なのに現在の大人の視点が持ち込まれているように感じる。
 かといって子供のfktackさんがこれを考えていたはずがない、と言いたいわけではない。ここに書かれていることはリアリティがあって大人の私は確かにこう思うはずなのに記憶を辿ってみたとしても子供の私は考えてもいなかったが、いま思えばむしろ考えないことがおかしいくらいありそうなことで、それが面白い。