読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160527

文章

2016年5月27日20時44分
 腹が減った。
 新入社員がうちの課に配属されるとのことでその教育係をすることに、なったが、しかし考えてみれば私がこの課に異動したとき教育係は付かず一度も教育らしい教育など受けていないので来月から教育係をやれと言われてもまず何から教えればいいのかそれを教えてくれ、もしくは休みをくれ、教育手当をくれ、と言ってみたものの「お前去年も教育係やったじゃん」などと言われてみれば確かにそうだ。そうだがあれは僅か二週間ばかりのお飯事、おままごとって漢字で書けるんですね。教育係とは言っても生徒係の新入社員はうちの課に配属されたのではない、まるで物見遊山、社長会長取締役専務に常務に役員連中が生産現場に工場に査察に来れば高みの見物そんなこんなと変わらぬ現実新入社員が終わった研修そのあとしばらくオージェイティ、お試し期間に幾つかの部署を転々として仕事を体験していた季節、つまり半分はお客様として迎えていたので接待接待また接待、そう接待係をしていたに過ぎないではないですか。「いやいやそんなことはない。君はいつもそうやって自分は何もやっていないと言うのはよした方がいい」何を言っているんですか、そうは言ってもですね、本当に何もしていないのだから仕方がない。仕方がないですよ。あなたが思う以上に何もしていないのはご存知ないでしょう。でもこれは事実。事実は小説より何とやらですよ。会社というのは何もしていなくてもお金をくれる。「そんな会社がありますか」ないよ、ないない。こんな人間の言うことを信じちゃあいけない。だいたい私に一体何を教わろうというのか、教えろというのか、新入社員が可哀想だ、そうは思いませんか! 他に適任がいない? それは全く不幸なことですね、ああ申し訳ない申し訳ない。いまから謝っておきましょう。ハンドル操作ごめんなさい。しかし可哀想だがやれと言われたからにはやるのが仕事、はいそうですはいはいやりますやりましょう。これが理由です。好きでやっているわけではないのです。そこをまずわかってほしい。わかってくれなくてもいい、覚えてくれ。覚えましたか? 好きでやっているわけではないからといって嫌々やっているわけでもない。「えっそんなモチベーションなんですか?」そうだよ悪いけどモチベーションなんて言葉俺が子供の頃にはなかったよ。ないない。ついでにやる気スイッチもなかった。「やる気」と入力したら続けて入力候補に「スイッチ」と出てきたけどやる気スイッチなんて入力したことないよ。やる気!元気!井脇!これはあったかもしれない。まあここまでできれば教育係の仕事もほとんど終わったようなもの。「本当ですか?」そんなわけないでしょう。甘すぎるよ、そうやって簡単に人を信じてはいけない、習いませんでしたか研修で。習ってない。研修で何をしたのか、ビジネスマナー? なんだいそれは。えっ? 名刺を? 交換する方法だって? それじゃあちょいと見しておくれよその名刺交換とやらをさ、え? なになにただいま名刺を切らしておりまして、そんな言葉を一体どこで覚えたんだい、ビジネスマナー研修なんていまどきやってる会社があるんだね珍しいね私にもひとつ受けさせて下さい。「いまさら?」そうだよいまさら、全くいまさらだよ何が研修だ何が教育係だ教える事なんか何もないよ次の三つを除いては、ひとつはパワハラセクハラの相談窓口の電話番号それからサービス残業はするな必ず残業時間をつけること、たまに「新入社員は会社に一銭の利益ももたらさない癖に残業代を貰うな」なんていうクズが、クズがいるかもしれないが会社の利益と君の給料は関係ない、関係ないのさ給料は。だいたいクズは自分の懐が痛むでもないのにそんなことを言う。これは新入社員も10年目の社員も同じである。モノを買ったらお金を払う、働かせたらお金を払うはこれ世の中の常識ナリ、それを忘れちゃあいけない。忘れちゃいけないが、それなら残業するなと残業しないように効率的に働けという人間もいるかもしれない。なんでもかんでも効率的な世の中だよ猫もバケツで水を汲むよコンスタントにアベレージがフリーアドレスなソリューションだよ。しかし、残業はするものでなくさせるもの。つまりマネジメントの問題だよそれは。もうひとつ教育係といってもマネージャーじゃない、マネージャーじゃないというのは管理職ではないし上司でもない、ましてや友達などでは決してない。これは大切なことだからもう一度言う。ただの同僚だからそこは弁えてください。それから休みはちゃんと取ること、辞めたくなったら辞めてくれて構わないけど会社に言うこと、1人採用するのに幾ら掛かったと思ってるんだなんてお前には関係ないし俺にも関係ない。そんなところでどうでしょうか。「さあこの件は君に任せたので」鍋に湯を沸かし饂飩を茹で、氷水に晒して薬味と一緒に皿に盛り、盛った饂飩を食い終わっちまったよ。
2016年5月27日22時21分

広告を非表示にする