読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳7ヶ月児の活用

文章

 1歳7ヶ月になる息子は最近言葉をよく喋るようになり、
「パン たべる」
 などの二語文も使えるようになっただけでなく、動詞の活用もできるようになった。とはいえまだまだ不完全で、例えば「食べたい」であれば、
「食べる、たい!」になり、過去形の「食べた」は、
「食べる、た!」となってしまう。
 それでも語尾に「-たい」「-た」などを付ければ意味が変わることをなんとなく理解している様子である。なお動詞によってはこれらの活用を完璧に使える動詞もある。「行こう」「やりたい」などは言えるようだ。
 このぐらいの月齢の子供は大人の話す言葉を理解していても発音技術が未発達なため、うまく話すことができない。こちらが聞き取れる言葉以上に本人は色々と理解しているんじゃないかと思われる。リスニングだけならTOEICで言えば400点くらいのレベルはある気がする。
 ヒトが言葉を習得していく過程をまじまじと観察できて面白いのだが、驚くほど高い学習能力により教えたことをすぐに吸収して、一度できるようになるとできなかった頃の発音を忘れてしまうので、同時にそれが少しさみしい。

広告を非表示にする