読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駅のエレベーター

文章

 駅のエレベーターなどに乗っていると、ドアが閉まりいままさに出発しようとしているところへ駆け込んで乗り込もうとする人がいる。それ自体はなにも問題はない。私も間に合うのならエレベーターに乗りたいと思う。しかし中には自分から駆け込んで来ているにもかかわらず、籠内の人が開くボタンを押してさも当たり前だというような態度の人がいる。そういう人は「私が駆け込んで来ているのだから中の人はボタンを押すのが当然だ」と思っているのか、自分で呼び出しボタンを押そうとさえしない。このとき私は中からボタンを押さないから、そのままドアは閉まりエレベーターは出発する。こちらとしては彼または彼女がエレベーターに遅れようが一向に構わないので、閉まるボタンを押さないにしてもわざわざ開くボタンを押してやる義理はないのである(ドアが閉まりかけている時に閉まるボタンを押しても無意味)。
 駆け込んで来た人は、残念そうな顔でエレベーターを見送っている。どうして開けてくれなかったのだと。だが忘れないで欲しい。お前が呼び出しボタンを押せばドアは開いていたのだ。タイミングは十分間に合っていたのだ、と。

広告を非表示にする