読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジャヴュ

文章

今日駅からマンションに向かって歩いてたんですけど、向こうからショルダーバッグを肩にかけた12歳くらいの女の子が駅方向に向かって走ってきてそれを僕はすれ違いざまに見送って、ああ12歳くらいの小学校6年生くらいのショルダーバッグを肩から掛けた女の子がすれ違って走っていったなぁって一瞥してすれ違いざまに見てそのままマンションに向かって歩いていたんですけど、気がついたら僕の前をその女の子が走っていて、目の前をショルダーバッグを肩から掛けた肩掛けショルダーバッグを肩バッグを掛けた12歳くらいの女の子が走っていて、さっきすれ違って駅の方向に走り去っていったショルダーバッグのガールが走り抜けていって、僕の目の前を走っているのでつまりそれは駅とは逆方向に走っていて、駅とは逆方向かつ僕と同じ方向に走っていて、まるで駅から遠ざかるかのように走っている少女は肩から掛けるタイプのショルダーバッグを肩から掛けて下半身に穿くタイプのグレーのチェックのスカートを穿いた12歳くらいのさっき見かけた小学校6年生くらいのさっきすれ違いざまに見送った女の子でしたので、忘れ物かな、きっと忘れ物だろう、きっと忘れ物だろうと僕は思うことにしました。この文の中に同じような言葉が何回も出てきます。それがデジャヴュです。