はてな題詠「短歌の目」11月

 ある者は秋が来たと言い、ある者はもう冬だと言った。11月がやってきました。

短歌の目第9回11月のお題と投稿一覧です - はてな題詠「短歌の目」


1. シチュー

夕飯は鍋にシチューが入っててあとは材料買ってくるだけ



2. 声

泣いている声はあらゆるアラームの音にも勝る目覚まし時計



3. 羽

顔は犬体はウシで背中から羽が生えてて肉は美味しい



4. 信

優秀な猫が集金してるのでみんなが受信料払う地区



5. カニ歩き

カニ歩きザリガニ走りエビが飛び貝は黙って月を見ていた



6. 蘭

蘭蘭蘭ルンルンルン蘭蘭蘭ああ秋がきた秋がきたよ



7. とり肌

南極のペンギン達はとり肌を立てていないか寒くはないか



8. 霜

文月に葉月長月神無月霜月師走睦月如月



9. 末

週末が終われば次の週末を指折り数え待つだけの日々



10.【枕詞】ひさかたの

ひさかたの光を浴びて20年休むことなく働くパネル



以上です。