読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューペット

fktackさんの今日の記事が面白かった。

それで休憩になると大人の集団は段ボールを持ってきて、中には凍らす前の棒アイスが入っていた。棒アイスというのは、凍らせた状態で真ん中で折り、すると折口はビニールがかかっていないからそこに口をつけてすするアイスで、私は正式名称を知らず、昔から棒アイス、と呼んでいたが人によってはポッキンアイスとか、チューベットとか、ちゅーちゅー呼んだりしていた。


fktackさんが棒アイスと呼んでいるそれは他にはポッキンアイスとかチューベットとかちゅーちゅーと呼ばれているそのアイスは私は子供の頃はチューペットと呼んでいた、ソーセージのような直径1.5cmのビニールのジュース入りの筒が真ん中の部分ですぼまっていて凍らせるとアイスキャンデーになるもので、食べるときはパピコのように半解凍の状態で端をパキッと割り、割れた穴から啜って食べた。端を割るのは上手くいかないことがあって、それはヒーロー戦隊ものやセーラームーンの描かれた魚肉ソーセージのフイルムの開けにくさにも似ていた。チューペットは常温ではただの甘いフルーツの香料の味のする液体で、まずくて、そのまま飲みたいとは思わなかった。
 チューペットと呼ばれる菓子、アイスはこの細長い冷凍用のジュース入りのチューブだけでなくて、もっと太いパピコのような形をしながらパピコよりも太いがペットボトルよりは細い、1本でパッケージに入れられて味はコーラやポカリスエットやオレンジジュースのあった、基本的には冷凍して食べるが常温でも食べられていた菓子もチューペットと呼ばれていたが私は買ったことがない。


私は棒アイスは幼い頃は喜んで食べたものだが、少し大きくなると、味や外観に芸がないから、すっかり物足りなくなり、あまり食べなくなった。

 fktackさんの書かれていることは事実だが、子供の私はチューペットを見てもこんなことは考えもせず、しかし大人になったいまの私はここに書かれていることはまったくその通りでいま思い返してみれば至極真っ当なのだが、当時の私はこんなこと考えたこともなかったはずである。幼い頃の記憶なのに現在の大人の視点が持ち込まれているように感じる。
 かといって子供のfktackさんがこれを考えていたはずがない、と言いたいわけではない。ここに書かれていることはリアリティがあって大人の私は確かにこう思うはずなのに記憶を辿ってみたとしても子供の私は考えてもいなかったが、いま思えばむしろ考えないことがおかしいくらいありそうなことで、それが面白い。

五月晴れ

文章と写真

結婚式で六本木の某外資系ホテルへ行きました。


f:id:shoheiH:20160516211037j:plain
特別警戒中。


六本木の外資系といえばここと、もうひとつビスケットみたいな名前のホテルがありますが、なぜかいつもこちらのホテルばかりでビスケットの方は行ったことがありません。誰かペア宿泊券ください。



f:id:shoheiH:20160516211419j:plain
扉です。

日比谷線六本木駅から歩いていくと長いエスカレーターがあるので昇って右に行くと建物の入り口があるので入ってさらに右に歩いていくとある短いエスカレーターを降りると建物の入り口の扉がありました。ここは外でしょうか中でしょうか。この扉は真ん中が開くものだと思って立っていたら開かなかった扉です。
おそらくここはメインのエントランスではないVIP用あるいは裏口っぽい車寄せにあるので、1人が通れるサイズの小さい自動扉しかありませんがボーイはいました。裏口とはいえ駅から歩いてくる最短距離のルートではあるのですが、こういうところに泊まるときはタクシーで来いということでしょうか。

ここに限らず最近の商業施設は先が見通せないように作られているのでわかりにくいという特徴があります。築10年以上経過した商業施設を最近と呼ぶかは考え方によります。結婚式場は商業施設に入りますか?私は入ります。ついでに古い施設も頻繁にテナントの入れ替えや配置替えをしてわかりにくさの維持に余念がないので、行くたびに新たな発見を強いられます。


ところで結婚式です。チャペルと同じフロアに控え室がありました。控え室で控えているとウーロン茶を無料でくれましたが暇なのでフロアを見ていきます。

f:id:shoheiH:20160516212301j:plain
あ、ゲーセンのメダルゲームだ。

私は煙草は吸わないのですが喫煙室にも行ってみました。同じフロアにある喫煙室には煙が漏れないように風除室というか前室があり、そのためエレベーターホールに煙や臭いが漏れません。私は煙草の臭いが嫌いで煙草臭い商業施設はもっと嫌いなので工夫されているなと思いました。皆さんも工夫しましょう。


チャペルに入ると神父は白人男性でしたがとても流暢な日本語でした。言葉使いも現代風というか易しい感じでしたが最近はどこもそうなのでしょうか。

例えばよくある誓いの言葉の
「健やかなるときも、病めるときも」
というくだりは、
「健康なときも、そうでないときも」
と言っていました。わかりやすいですね。

新郎新婦は幸せそうでした。おめでとうございます。