読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リニューアルした「グランドキリン」3種類を飲み比べ。やっぱりグランドキリンが一番美味しかった。

キリンのプレミアムビール「グランドキリン」シリーズがリニューアル。
4月9日にはリニューアル発売されていたんですね。リニューアル前のグランドキリンも美味しかったので期待。

www.kirin.co.jp

3種類のビールを今回はまとめて買ってきました。

グランドキリン ビタースウィート

まず1本目は「グランドキリン ビタースウィート」
原材料に乳糖を使用したちょっと変わったビール。
アルコール度数は5.5%


f:id:shoheiH:20150531190509j:plain

KIRIN's craftmanship

原材料に乳糖を加えて醸造しました。
麦の香ばしさと優しい甘みに、ホップのほのなか苦み。
ゆっくりと時間をかけて愉しむ、薫り高い味わい。

*ひと手間かけたホップを発酵中に漬け込み、複雑な香味を引き出すキリンビール独自の「ディップホップ」製法を採用。

苦味もあり甘みもある。まさにビタースウィートな味なんだけど、ビターさもスウィートさも迫力に欠けるというか、よくいえば軽やかな飲み心地。全体的にはやはり軽いという印象。
3種類の中では一番色が濃いですね。

例えが良くないが、コーラのような味。旨いのかそれ?でも旨い。

グランドキリン ジ・アロマ

つづいて「グランドキリン ジ・アロマ」
こちらも原材料に糖類(乳糖)を使用している。
アルコール度数は5.5%


f:id:shoheiH:20150602233233j:plain

KIRIN's craftmanship

原材料に乳糖を加えて醸造しました。

満ち溢れる、華やかな香り。飲み始めから余韻まで香りを楽しめる、エールタイプならではの味わい。

*ひと手間かけたホップを発酵中に漬け込み、複雑な香味を引き出すキリンビール独自の「ディップホップ」製法を採用。

一口目には強めの炭酸。3種類の中では一番炭酸が強い。
飲み進めるほどにホップの香りと苦味が顔を出してくる。
全体的にはあっさりめだけど苦手と香りが特徴的。

夏の昼間に飲みたいビール。

グランドキリン

そして最後。満を持して登場「グランドキリン
アルコール度数は6%と3種類の中で最も高い。
原材料は麦芽・ホップのみ。
まさにグランドキリンの王道を行くグランドキリン


f:id:shoheiH:20150602234602j:plain

KIRIN's craftmanship

上質な苦みと、深く香る余韻。
一本で満足できる、ラガータイプならではの味わい。
*ひと手間かけたホップを発酵中に漬け込み、複雑な香味を引き出すキリンビール独自の「ディップホップ」製法を採用。

色は明るいオレンジ。
ホップの苦味が効いてる。香りも良い。
これは美味しい。
肴がなくてもこれ一本で満足できそうなリッチなボリューム。
秋の夜長にゆっくりと味わいたいビール。

一言で言えば「キリンが作ったエビスビール」
適切な表現ではないかもしれない。しかしそうとしか言えない。
一番搾りキリンビールが、更に味と香りにこだわって真面目に真面目に作ったプレミアムビール。
こんなビールがいつでもコンビニで買えるなんて、幸せとしかいいようがない。

まとめ

今回はグランドキリンシリーズ3種類を飲み比べてみました。
個人的な感覚で表にまとめてみました。
各項目は5段階、数字が大きいほどその特性があるということで大きいほど良いということではありません。まあ個人の味覚ですが。

ビター アロマ グランド
苦み 4 4 4
うまみ 3 3 4
香り 2 4 4
コク 3 3 4


どれも美味しかったですが、個人的な一番のお気に入りは、「グランドキリン」です。
もちろん食事と一緒でもよし、ビールだけでもよし、そんな美味しいビールでした。